MENU

MENU

賃貸・不動産のホームメイトFC森ノ宮店

MENU

お問い合わせ
はこちら

CLICK

CONTACT

CLOSE

賃貸物件でお風呂の追い焚き機能は必要?メリットを徹底解説

賃貸物件でお風呂の追い焚き機能は必要?メリットを徹底解説

お部屋を選ぶ際の設備として何を重視されますか?
お風呂についているとなにかと便利な「追い焚き機能」は、湯船に浸かる習慣のある方にとってなくてはならない設備のひとつでしょう。
今回は、お風呂の追い焚き機能とはどのような機能なのか、そして使うメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件をお探しの方のために!お風呂の追い焚き機能とはなにか

追い焚き機能とは、浴槽に溜めてあるお湯が冷めた際に沸かし直す機能のこと。
最近では、浴槽と給湯器を配管で繋いで温める「循環釜直結型」が主流となっています。
日頃から長風呂をする習慣のある方や同居する方と入浴のタイミングが異なる方にとても便利な機能です。
この機能は、エアコンや都市ガス、インターフォンなどと同じくらい部屋についていてほしい設備として需要があります。
一人暮らしの方よりも、2人暮らしやファミリー世帯になるにつれてこの機能を希望する方が多くなる傾向にあります。

賃貸物件をお探しの方のために!お風呂の追い焚き機能のメリット

ここからは賃貸物件で追い焚き機能を使うメリットについてみていきましょう。

冷めたお湯を素早く温められる

追い焚き機能を利用すれば、一度冷めたお湯もすぐに温めることができます。
最近では、お風呂で動画の視聴や読書などをされる方も多くなり、長い時間湯船に浸かる習慣のある方が増えてきています。
湯船に浸かりながらどんどんお湯が冷めていってしまう秋から冬の時期は、とくに活躍する機能といえるでしょう。

お湯をいちから入れるよりも節約になるケースも

お湯を張り替えるのではなく、追い焚き機能を利用した方が節約になるケースがあります。
とある調査結果によると、湯船が35.5度まで下がったお湯を40度まで温めた方が40度のお湯を張り替えた場合よりもガス代・水道代を含めておよそ10分の1のコストで済むことがわかりました。
これは都市ガスよりも割高とされるプロパンガスでも同様に安くなる場合が多いようです。
お住まいのエリアや契約するガスや水道のプランによっても異なるため、あくまでも目安として考えましょう。
水道代がもったいないからという理由で数日間同じお湯を使う方もいますが、この方法は注意が必要です。
入浴した翌日のお湯にはおよそ1000倍以上の金が繁殖しているともいわれています。
そのため、衛生面上おすすめできません。
肌が弱い方や小さなお子さんがいる場合は、なるべくその日のうちにお湯は処分しましょう。
洗濯の際に再利用するのもおすすめですよ。

賃貸物件をお探しの方のために!お風呂の追い焚き機能のメリット

まとめ

追い焚き機能のついている物件は家賃が多少高くなってしまいますが、日頃の疲れをとるためにもおすすめの設備です。
今回ご紹介した内容を参考に賃貸物件探しをしてくださいね。
私たちホームメイトFC森ノ宮店は、森之宮周辺の賃貸物件を中心に取り扱っております。
住まい探しでお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら